脚やせに!着圧ソックスの正しい使い方

脚やせグッズの中でも特に人気!

 

脚のむくみがとれ、細く見える様になるということで評判の着圧ソックスですが、

 

これはもともと下肢静脈瘤や深部静脈血栓等、主に血管にまつわる病気の予防として、医療の現場で使われていたものなのです。

 

脚のむくみは内臓の機能が低下していたり、長時間立ちっぱなしだったりした場合に、

 

血行が悪くなって脚に血管からしみ出た水分が皮膚の下に溜まることによって起こります。

 

そのような場合、脚に適度な圧力を加えて筋肉によるポンプ機能を促進させることで、血液の循環を改善させるためにこの着圧ソックスが使われるのです。

 

この圧力のかけ方にはコツがあって、体の末端ほど強く圧迫させ、心臓に近づくにつれ圧迫の強度を軽くさせるといったことが必要になってきますので、

 

医療に使うものはこの段階的に圧力を加えるといった機能が備わっていて、正しくは段階的着圧ソックスと呼ばれます。

 

圧力をかけるのが脚の血行に良いといっても、同じ圧力をずっとかけ続けるのは逆効果なので、

 

就寝中は着圧ソックスを脱ぐ等、かかる圧力にメリハリをかけるのが良いでしょう。

 

またかかる圧力がどれだけ強ければいいのかは個人差による違いもありますので、試着する等して自分に合ったものを選びたいところです。

 

脚やせにおすすめな方法【口コミ・効果まとめ】

いちばん良いマッサージ料はどれ?